奈良県・大阪府を拠点に活動するテノール歌手 西口佳宏がボイストレーニング・声楽・ピアノ・楽典・聴音などのレッスンを行う音楽教室です。
ブログ

出張レッスン

【ボイトレ#2】弛緩系テクニック

今回は歌う時に「力み過ぎてしまう方へ」という事で 弛緩系のトレーニング法を3点紹介しています。 0:00 前置き 01:04 ①ハミング 02:07 クローズハミング練習 02:26 ハミング失敗例・鼻声の留意点 04: …

動画で学ぶ楽譜の読み方:実践編⑦「音階について(マニアック)」

前回・前々回で長音階・短音階を説明しました。 今日の音楽理論や作曲法等の基本は長・短音階ですが、勿論それに捕らわれない独特な音階も存在します。 聴き馴染みが無いからこそ?独特の雰囲気を醸し出す音階の数々… あなたはどれだ …

ボイトレメモ⑤

・一気に色々やらない。特に個人でやる時。 ・実際歌う時には極力発声等は考えない。 止まった時に振り返り、どこがどうだったのか 感覚・物理等をすり合わせていく。 ・今の段階では「コレが(で)良い」という時期がある。 その状 …

ボイトレメモ④

・声が散ってしまう場合は口を狭めに、あまり開けないようにして調節 ・歌詞を言い過ぎるのもそうだが、必要以上に音量を出そうとしても崩れる ・過剰な部分は排除し、必要な部分を足して埋めていく ・スケールアップする場合は恐れず …

ボイトレメモ③

【声を出さないボイトレ】 ○主にブレスコントロールのトレーニングになる。 ・ロングブレス ・短く鋭く出す ・呼気と吸気のバランス感覚を鍛える為の筋力トレーニング ・加圧式呼気トレーニング ・風船、トレーニング用吹き戻し… …

ボイトレメモ②

ボイトレの動画のネタ下書きとして、メモを記していきたいと思います。 あくまでもメモで、纏めてはおりません。 また個人的な感覚によるものなので、そのまま鵜呑みにしないようにご注意ください。 でも、何か当てピンときて、当て嵌 …

ボイトレメモ①

別のSNSにはもう書いたのですが、ボイトレ動画作成のメモとして断片的に記していきたいと思います。 ・ボイトレで行う物の中には「緊張系」「弛緩系」の物がある。 ・リップロール・タングロールは共に弛緩系。 ・割り箸は緊張系。 …

感覚と事実のズレ③

前回の続きです。 「聴き手とプレイヤーのギャップ」から「声のマッピングを聴き取る」っていうところですね。 正確に言うと「声を聴き取る」と言うよりは、 「プレイヤーの筋肉の動きを見聞きする」と言う方が近いです。 どのような …

感覚と事実のズレ②

前回の続きになります。 そう、感覚は千差万別、十人十色というところからです。 各々が感じる感覚は紛れもない真実だと思います。 しかし事実とは異なる事も多いでしょう。 例えば私の場合は… 声を前に出そうとすると逆に奥に入り …

感覚と事実のズレ①

声を出すと言う事に関しては感覚的な話でかなりの個人差があります。という話をしたいと思います。 私は歌をやりますが、ジャンルとしては所謂クラシックです。 声楽・オペラとかいうアレですね。 オペラ等では演出的な意味合いを持た …

1 2 3 6 »

アーカイブ

プロフィール

西口 佳宏西口 佳宏

Yoshihiro Nishiguchi

関西二期会正会員

講師詳細

講師出演演奏会情報

COVID-19の流行により
情報公開を見合わせております。

PAGETOP
Copyright © 西口音楽教室 All Rights Reserved.